かぼすのまにまに雑録

日常生活、留学生活、一人旅など良いこと悪いこと含め心動いた瞬間を綴っていきます。

留学体験記8 地元愛、母校愛!?ファッションに表れる違い

こんにちは!

皆さんは自分の地元や母校をどれくらい愛していますか?

 

アメリカに留学を始めて、私はこのことについてよく考えるようになりました。

というのも、アメリカの大学の学生は普段着でも州の名前、地元の町?の名前、大学の名前やロゴがかかれたパーカーや、Tシャツを着ているのです。

学校の敷地内を歩いていると必ず視界には大学のロゴデザインのパーカー、またはTシャツを着ている人がいます。

f:id:raimu0714:20170926142332j:image

購買に行くとびっくりするくらいの種類と量で学校デザインのアイテムが売っているのです!

日本でも時々オクスフォードなどの有名校のロゴの服をファッションとして着ている人が時々いますが、アメリカは沢山いますね。

 

それは学校に限らず、地元も同じです。

私が留学しているのはカリフォルニアのサンディエゴというところですが、観光地の服屋には必ずと言っていいほどカルフォルニアか、サンディエゴのロゴTシャツ、キャップなどが売っています。

日本では地元のロゴが入った服を見かけませんよね……。見かけたとしてもTokyo と書かれたロゴTシャツを着た海外の方ぐらい。

アメリカのようにもっと地元のロゴデザインの服が浸透すれば地元愛も広がるのではないでしょうか!?

私の地元、埼玉もかっこいいロゴパーカーとかぜひ作って欲しいですね(^^)

 

海外一人旅日誌4 微笑みの国タイpart4 タイでオススメしたいもの〜本格マッサージとマンゴーのお店〜

f:id:raimu0714:20170925073108j:imageみなさん、こんにちは!

今回はタイ一人旅のまとめということで、個人的に行ってよかった!やってよかった!オススメを2つ紹介していきます。

 

1:タイのおしゃれな本格的マッサージ

まず、タイといえばいたる所に格安マッサージのお店があります。どこも安いですがマッサージ師によって当たりはずれがあるってよく聞きますよね…。女性の場合だとセクハラ行為を受けるとか…。私自身そういった話を聞いていたので抵抗がありました。

しかし、兄に勧められたマッサージ屋さん、Health Landはそういった心配がありませんでした!

www.healthlandspa.com

 高級ホテルのような内装、外装でとってもフォトジェニックな空間で、本格的なマッサージを体験できます。

基本一人一室用意され周りに気にすることなくリラックスできます。

値段は各地にある格安マッサージ屋さんに比べれば少々高いですが、おしゃれな空間、サービスなど含めクオリティが高くコストパフォーマンスは非常にいいです。

値段は安いものはだいたい日本円で3000円から、高いものは1万するものもあります。私は3000円代のでしたが、十分に楽しめました!

マッサージ後に一杯いただいたお茶がミルク風味でとっても美味しかったです!

タイに来て、本格的なマッサージを楽しみたいという方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

2:タイの絶品デザート!マンゴタンゴ!!

タイにきたらぜひ食べるべき一品です!

私にとってタイで食べた料理の中で一番おいしかった食べ物がマンゴタンゴのお店のスイーツでした。

サイアム駅の近くにあり、アクセスしやすいところにあります。

www.bangkoknavi.com

私は名物料理マンゴタンゴもち米つきを頼みました。

f:id:raimu0714:20170925073042j:image

マンゴー、マンゴープリン、マンゴーアイスクリーム、もち米が一皿につまったお得なデザートです。

まず一種類目は完熟マンゴーをそのままフルーツとして出されています。完熟で甘いマンゴーですが、フレッシュでさっぱりと食べやすいです。

二種類目はマンゴープリン。マンゴーのフルーティーな甘さをギュッと詰め込んだような濃厚な味でした。

三種類目はマンゴーアイスクリーム。マンゴーのうまさとアイスのクリーミーさがマッチして、暑いタイの気候にもってこいのデザートでした。

そして、もち米。マンゴーだけで十分と言って食べない方がいますが、私はもち米もおすすめしたいです。ミルク風味な味付けともちっとしたお米ならではの触感がたまらなく美味しいです!もち米にアイスクリームをつけたりして食べるのもまた絶品です。

 

私はこのマンゴタンゴにはまってしまい、次の日も来てしまい、またマンゴタンゴを食べてしまいました(笑)。

 

どれが美味しいではなく、本当にどれも美味しいんです!ぜひまたタイにきたら行きたいお店です。でも、他にも種類はあるので次は別のを頼んでみたいと思います。

 

みなさんもタイに来たらマンゴタンゴにぜひ行ってみてください!

行けば、もっともっとタイが好きになりますよ(^-^)

 

 

 

留学体験記7 アメリカのハロウィン事情〜スーパー(TARGET)のお菓子編〜

こんにちは、9月後半に入ってから私が滞在している地域でも肌寒い日が続いてきました。

日本でもだんだんと秋の気候になり、季節が変わりつつあるらしいですね。

 

気候だけでなく、コンビニなどに行けばカボチャのスイーツたちが姿を現し、なんだか心が躍りますよね。私もよく買って食べていました(笑)。

残念ながらアメリカのコンビニスイーツは日本ほど注目はされず、そこまでこってなく、種類もありません(´;ω;`)

 

ですが、スーパーは違います!

来月に控えたハロウィンに向けて、沢山のハロウィンのお菓子、衣装、装飾が店内に用意されているのです!

f:id:raimu0714:20170923144158j:image

写真を見てわかる通り、1コーナーだけでなく、お菓子、衣装、装飾のそれぞれに数コーナー用意され沢山のハロウィングッズがあります。

今回はお菓子についてシェアしたいと思います。

 

 f:id:raimu0714:20170924012409j:image

まず1つ目は普段のスナック菓子やチョコレート菓子が丸々ハロウィン仕様になっていたことです。写真に載っているkissesやReese'sだけでなく、m&mやキットカットなど私達にも馴染みのあるお菓子などもハロウィン限定の味、またはハロウィンのパッケージになっていました!

 

 

f:id:raimu0714:20170923144213j:image

f:id:raimu0714:20170923144219j:image

お次はハロウィンのためだけにつくられたお菓子たちです!

目玉グミなどのおどろおどろしいものもあれば、コウモリや骨などの可愛らしいキャンディーなどもありました。それぞれ味がどのようなものか気になりますね(笑)。

 

 

f:id:raimu0714:20170924014013j:image

 最後はハロウィンのお菓子をつくるためのキッチン用品です。

カボチャやコウモリの型など可愛らしいものが沢山ありました!

 

ハロウィン限定味のお菓子が沢山あったので、今度は何個か買って食レポしたいと思います!

もし、ハロウィン限定だけでなく、アメリカのオススメのお菓子があったらぜひ教えてください(^-^)

 

留学体験記6 海外で初の料理!〜海外版肉じゃが〜

みなさんのおふくろの味は何ですか?

どこの国や家庭の料理であれ、生まれてから長年食べ続けた味はやはりおふくろの味なんではないでしょうか?

生まれも育ちも日本である私にとって日本食は慣れ親しんだ味の一つです。

 

長期留学でホームステイになると、その国の家庭料理を楽しめます。基本なんでも食べれる私にとってアメリカの家庭料理も日本とはまた違っていますが、美味しいです。

 

ハンバーガー、ピザといったジャンクフードもあれば、スムージーといった健康的なものもでてきます。

 

……ですが、ホームステイが始まり二週間ほど経つと日本食に飢えてきました。

 

「お米が食べたい。何でもいいから日本食が食べたい!!!」

 

初の海外で料理チャレンジです。

チャレンジしたのは家庭料理定番の肉じゃがです。

肉じゃがには醤油、みりん、お酒が調味料として必要です。

……醤油しかないです。

ですが、みりんはお砂糖、お酒は白ワインで代用できるのです!!

 

レシピをベースに作りますが、量は適当です(笑)。

なぜなら、ジャガイモが小さかったり、人参が細かったりと日本とは違うのです!

記憶がおぼろげですが、材料はこんな感じでした。

 

肉じゃが4.5人分

・水 なべに入れた野菜がつかるくらい

・醤油  大さじ3

・砂糖 小さじ2

・白ワイン 大さじ1

・小さいじゃがいも 7.8こ

・細い人参 4.5本

・鶏肉

・玉ねぎ 半分

手順は基本と同じです!あと、味付けは好みで醤油の量を調節です。

f:id:raimu0714:20170921061710j:image

最初はうまくできるか心配でしたが、一応肉じゃがができました!

欲を言えばもっと玉ねぎ使えばよかったです(笑)。

 

母の手料理と比べたらまだまだだけど、久しぶりのお醤油の料理は心にしみました!

みなさんも海外版日本料理を挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

海外一人旅日誌3 微笑みの国タイpart3 値引き交渉は思い切りが大事

みなさん、こんにちは!

タイっていうと、ゾウだけでなく、バックパックのイメージもありますよね?

私はタイ3日目で訪れたのはそんなバックパックの聖地カオサン通りです!!

私は最初カオサン通りは人と物で溢れかえっていると思っていましたが、そうではありませんでした。私が来たのは昼頃で、人やお店が道に現れるのは夜らしいです。

落ち着いて見て回りたいなら昼、雑多な雰囲気を味わいたいなら夜をオススメします!

 

そして、カオサン通りにはレストラン、カフェもありますが、スポーツウエア、リュック、パーカーなど服飾系が沢山売っていて、日本と比べたらめちゃくちゃ安いです!!

 

……しかし、商品には値札が付いていません。

つまり、交渉しなければならないのです……!

 

私はとりあえず気になったadidasの厚手のパーカーの値段を聞きました。ここから交渉のスタートです!(値段聞くと買わなきゃいけない雰囲気になるので気をつけましょう)

「550バーツだよ」

と、相手は答えます。日本円にすると約1650円。日本と比べたら安いです。

ですが、せっかくカオサン通りに来たので値下げ交渉を!

「もっと安くできない?」

「じゃあ、何円か希望を教えてよ」

と電卓で数字を打てと渡されました。ここがポイントです!!

ここで思い切って安い値段にできるポイントです。ここでビビると大して値下げできません。

私はビビってしまい450バーツにしてしまいました。

「うん。オーケー、それならいいよ」

けろっと相手も承諾したのです。これならもっと値下げできたのでは?と思いましたが、自分が希望した額なので、これ以上は値下げできません。

だからこそ、値下げ交渉するときは相手がダメだと言われる覚悟で思い切ってやるべきです。ダメだと言われたら徐々に上げて、承諾してもらえばいいのです。

 

みなさん、カオサン通りも含めてですが、値引き交渉するときは是非思い切ってやって見ましょう!

f:id:raimu0714:20170920153515j:image

 

留学体験記5 念願のcheesecakefactory!

今日はなんとチーズケーキの宝庫、cheesecakefactoryに行ってきました……!!

f:id:raimu0714:20170918115512j:image

 

 

前々から知っていて実際に行こうとしたのですが、その時は同じ建物の別の店に入ってしまうという失態を犯してしまい、行けませんでした(T-T)。

 

なので、次こそは……!と思い、今日行ってきました!!!

 

cheesecakefactoryはアメリカ各地にあり、私が留学している市?には2つあります。

f:id:raimu0714:20170918115455j:image

内装は豪華で一見、高級レストランに見えますが、ファミレス気分で入れます。みんな正装せず、普通にTシャツ、ジーパンです(笑)。

f:id:raimu0714:20170918115817j:image

店内に入ると沢山の種類のチーズケーキが一面に並んでいます。この写真に入りきらなかったものもあります!

 

f:id:raimu0714:20170918120313j:image

メニューはこんな感じです。チーズケーキだけ異常に多いです(笑)。

 

今回、私が食べたのはホワイトチョコレートラズベリートリュフを、一緒にいた友達はレモンラズベリークリームチーズケーキを食べました!

チーズケーキをオーダーすると、元のチーズケーキに上と先の二箇所にホイップクリームが盛り付けられていました。

私のは元からホイップクリームが付いていたのでダブルでした(笑)。

 f:id:raimu0714:20170918121225j:image

ホワイトチョコレートラズベリートリュフ

とっても濃厚なチーズとラズベリーのフルーティさがマッチしていて美味しかったです!周りのトリュフ?チョコのクッキーをしっとりビターで食べ応えありました!

 

f:id:raimu0714:20170918120720j:image

↑レモンラズベリークリームチーズケーキ

 友達に一口もらったこちらのケーキは私が食べたのと比べるとさっぱりしていて、とっても食べやすかったです!レモンのさっぱりさと、ラズベリーソースがチーズケーキのおもたさを和らげてる感じがしました!美味しかったです!

 

今回は2種類しか食べられませんでしたが、他にも沢山あったのでまた違うのを挑戦してみたいです!

 

もし、cheesecakefactoryに行ったことがある人がいたら、ぜひオススメを教えてください!!

 

 

 

 

夏が好きで書いた小説

夏についての投稿で思い出したことが一つ。

留学に行く前に、昔書いた小説をリライトしたことです。

 

中学校の頃(中二病の影響もあるかも…)小説を書くことにはまり、一心不乱になって書いていた時期がありました。

といっても、物語として完結できたのはごくわずかで、これは数少ないうちの一つです。

夏が当時から好きでたまらなくて、中学3年生だった私はその好きという気持ちを描写で表した思い入れのある作品です。

今も、昔も私は日本の緑いっぱいの夏が好きなんだなとあらためて気づきました。

 

f:id:raimu0714:20170917151604j:image

↑お気に入りの夏の写真。夏だと日差しが強いから光と影がはっきりしていて好きです。木漏れ日も雰囲気があってたまりません。

 

留学行く前、夏に久々に読んで、昔のことを思い出し、気持ちの整理としてリライトしました。

ncode.syosetu.com

リライトしたといっても当時の幼い雰囲気は抜き切れていない感じがします(-_-;)。

小学、中学は読書にふけっていましたが、高校では部活にいっぱいいっぱいで読書から離れていたバチが今にきている感じがします(苦笑)。

 

今は大学生になり、部活三昧の高校時代とは違い時間にも余裕があるので、読書をする時間を増やしていきたいです。

また、こうやってちょくちょくと物語をかけていけたらいいな(^-^)

これからはブログや小説などで沢山言葉を表現していきます…!

 

ちなみにですが、皆さんはお気に入りの物語はあったりしますか?

漫画、小説、映画でも…もし、あったら教えてください!